神秘・夢占い・都市伝説の世界を旅しよう。

「マイステリ」の由来って何?

伝説の地・レムリア大陸はどこにあったのか?レムリアの文明や歴史を紐解く!

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

みなさん「レムリア大陸」という大地をご存知ですか?

何やらゲームの中に出てきそうな名前ですが、スピリチュアルの世界では有名な話で、伝説の地とも言われています。

今は存在しない伝説の地といえば「アトランティス大陸」「ムー大陸」が有名ですが、実は「レムリア大陸」はその2つの大地より前に存在していたと考えられています。

レムリア人は物質をエネルギーに変えることができると言われており、今とは比べものにならないような高度な技術をもっていたんだよ

著者

すごい!映画の中の話みたい!

レベッカ

まだ文字が出来るはるか昔のことです。

もちろん証明する文献などは残っていませんが、存在をほのめかす根拠が発見されたこともあり、レムリア大陸ははるか昔に実在していたと信じている人もたくさんいます。

今回はそのロマンに溢れた「レムリア大陸」についてお話させていただきますね。

超古代文明とは?

まずは文明についてお話しさせていただきます。

それは先人たちの知恵と経験から産まれたものであり、文明がなければ今日の私たちはありません。

ところで、歴史の授業で習った「世界四大文明」は覚えていますか?

「メソポタミア文明」「エジプト文明」「インダス文明」「黄河文明」でしょうか?

レベッカ

そのとおり!

最近では「世界四大文明」ではなく「アンデス文明」や「メソアメリカ文明」を含めた「世界六大文明」という説もあるそうだよ

著者

私たちは、この文明の流れから様々な文明が生まれたと学んだと思いますが、近年はそれでは説明ができない発見がされています!

例の一つとして、「オーパーツ」の発見!!

オーパーツは、それらが発見された場所や時代とはまったくそぐわないと考えられる物品を指す。英語の「out-of-place artifacts」を略して「OOPARTS」とした語で、つまり「場違いな工芸品」という意味である。

(引用:Wikipedia)

すごい!ますますSFの世界!タイムスリップで未来からきたとかでしょうか?

レベッカ

それもおもしろいね!だけど私は過去のものだと思っているんだ!

著者

脱線をするのでオーパーツについては深く触れませんが、代表するものは水晶髑髏やアンティキテラ島の機械など当時の技術では作れなかったはずのものが多く発見されています。

中には人間すら誕生していなかった時代の地層からは鉄製ハンマーや金属ボルトが出土されるなど、未だ地球に多く残されている謎。

これらの発見から「世界四大文明」よりはるか前に現在の技術よりももっと高度な技術をもった文明があったと考えられています。

その名も「超古代文明」!!

この超古代文明の時代にレムリア大陸は存在していたと考えられています。

レムリア大陸とは?

では、レムリア大陸とはどんなところだったんでしょうか。

スピリチュアルの話になってしまいますが、実はレムリア大陸は私たちが今いる次元とはまったく異なるところにありました。

花や植物、自然で満たされて楽園の地のようなところだったと言われています。

レムリアには上下関係がなく、階層社会は存在しておらず個々が強い意志を持っていました。

自然を愛し、存在するものを愛するレムリア人は愛に溢れてていてとても穏やかな性格だったと思われます。

そこでレムリア人の特徴についてお話しさせていただきます。

脳をフルに使える

レムリア人はなんと脳の90%〜94%が使えたと言われており、ここだけでも非常に高い能力を持っていたことがわかります。

ちなみに現在の私たちはわずか脳の10%ほどしか使えていないと言われていますので、悲しいほど差がありますね。

人間じゃないみたい!

レベッカ

実はレムリア人は宇宙人だったという説もあるし、なんと巨人だったという説もあるんだよ。

著者

レムリア人は多くの知識を持ち、更には高い能力を持っていましたので今では考えられないほどの文明を作ることができるのも納得です。

テレパシーが使える

レムリア人は文字や言葉を持っていなかったので、意思の疎通は「テレパシー」にておこなっておりました。

男性も女性も長い髪をもっていて、その髪でテレパシーを受信できたとも。

現在の私たちも相手が「なんとなく言いたいことがわかる」ということはありますが、レムリア人ははっきりと相手の思いが伝わっていたんでしょう。

すごい便利な能力ですね!

レベッカ

物質をエネルギーに変える

レムリア人は物質をエネルギーに変える力を持っていました。

テレパシーが使えるのもエネルギーのおかげです。

物質をエネルギーに変えるのは、すべてにおいてであり自身も例外ではありません。

自身の姿形や性別なども自由に変えることができました。

レムリア人の寿命はとても長く(一説では何千年とも)、子孫を残すことに重点を置いていなかったので、自由自在に姿形を変え色んな事柄を行なっていたのです。

また、このエネルギーを使って現在では考えられない移動も行なっていたと言われております。

もしかしたら「瞬間移動」と呼ばれるものだったかもしれないね。

著者

これまでレムリア人についてお話しさせていただきましたが、本当に不思議でロマンがありますよね!

伝説の地・レムリア大陸はあったのか?

前にもお伝えしましたが、レムリア大陸が存在していたと考えられる場所と現在私たちがいる場所はまったく次元が違います。

また、レムリア人は自在に物質の形を変えれることから有機体ではなく無機体だった可能性の方が高く、私たちの目には見えないものだったかもしれません。

ですが、「レムリア大陸が存在していた」という根拠が残っているのも事実です。

まず、レムリア大陸が存在していたかもしれないと考えるようになったのは、1874年にイギリスの動物学者フィリップ・スクレーターが提唱したある説からでした。

彼は、アフリカのマダガスカル島で生息しているキツネザルの化石がインドから発見されたことから今は存在しない仮想の大陸があったのではないかと考えました。

実は、このキツネザルの仲間はマダガスカル島にしか生息していません。

近縁の猿類はマダガスカル島を挟んでアフリカ中部やマレー半島に生息しており、インドでの発見は異例だったんです。

彼はこれを説明するために、インドの南部、マダガスカル島とマレー半島に間に大陸があったのではないかと仮説を立てました。

「レムリア大陸」という名前はそこで発見されたキツネザルの英語名(Lemuria)にちなんで名付けられたものです。

本当にレムリア大陸は存在していたかもしれないんだ!

レベッカ

そうだね。ちなみにレムリア大陸が存在していたとされるのは5000万年以上前なんだ。

著者

5000万年前!?想像出来ません…

レベッカ

もちろん文献などは存在しない。だから今も謎に包まれているし、だからこそロマンを感じるんだよ。

著者

また、今もインドやスリランカで生活をしているタミル族にはある言い伝えがあるそうです。

タミル族に伝わる叙事詩
 ・海に沈んだ王国がある

・その王国の名前はクマリ・カンダム

・クマリ・カンダムはレムリアと同一国家

・レムリア人はタミル人の先祖

と、いうのです。

レムリア大陸が存在していたという有力な情報だとも言えます。

はるか何万年も昔にあったというレムリア大陸。

現実には信じられないことばかりですが、レムリア大陸に思いを馳せるとワクワクがとまりませんよね。

なぜレムリア大陸は滅んだのか?

素晴らしい文明をもったレムリア大陸ですが、終わりの時を迎えてしまいます。

レムリア大陸は、水面が上昇したった3日で海に沈んだとされています。

さすがのレムリア人も自然災害には勝てなかったんだね…

著者

そうして、レムリア人はイルカやクジラに姿を変えて東の方へ流れていきました。

もしかしたらイルカやクジラが知識が高いと言われているのは、レムリア人の魂がそこにあるからかもしれませんね。

レムリア人と日本人に隠された驚きの繋がり!

レムリア大陸が海にのまれてしまうと、レムリア人は「東の国」を目指し、アジアなどの東洋の地に移り住みました。

実は、レムリア人と日本人には深い繋がりがあります。

スピリチュアルの世界では有名な話なんですが、日本人はレムリア人の生まれ変わりではないかと言われているんです!

え!そうなんですか!

レベッカ

もしかしたら日本人は5000万年前はレムリア大陸でテレパシーを使って生活をしていたかもしれないね

著者

特にレムリア人は縄文時代の日本人に大きな影響を与えたと言われています。

なのでレムリア人と日本人には多くの共通点があります。

まず、レムリア人は高度な技術や高い精神を持ちながら、科学に頼ろうせず自然と共存することを選びました。

縄文時代の人も畑を耕し、自然に感謝しながら日々真面目に働いていました。

その勤勉さは現在の日本人にも受け継がれているんではないでしょうか。

また、レムリア人は「和」を好みました。

縄文時代は争いごとを嫌い、人々は穏やかに共同生活をする時代でした。

相手を思いやる気持ちを持ち、テレパシーとまではいきませんが相手の気持ちを汲み取ろうとする日本人の心は、レムリア人から引き継いたものでしょう。

現在でも世界から見ても日本の心遣いは評価されるほどです。

まさしく「お・も・て・な・しの心」はレムリア人時代からのものだったのです。

レムリアの心は私たちの中に深く根付いていると言えるでしょう。

おわりに

今回は「レムリア」の文明や歴史やレムリア大陸が伝説ではなく実在していた大陸だという可能性をお話しさせていただきました。

そして、実は日本人はレムリア人の生まれ変わりだった!という衝撃の話はみなさん信じますか?。

未だにレムリア大陸が存在していたという確実な証拠は発見されていませんが、レムリア大陸が実在していた可能性は否定できないと思います。

今後発見をされることを期待しています!

レムリアという大陸がなければ現在の私たちはなかったかもしれません。

日本人全員がレムリア人の生まれ変わりというのは極端な話かもしれませんが、もしかしたらそのパワーを秘めている人もいるかもしれませんね。

人並み外れた力を持っていたり、動物や自然と通じていたりする人は、レムリア人の魂が覚醒しているかもしれないね!

著者

そして私が思うのはみなさんがレムリアの心を思い出したら、レムリアのように平和で愛に溢れた世の中になるだろうなぁということです。

私を含めみなさんがレムリアの魂を思い出せますように。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA